【Ado】をパクったら稼げるようになりました。

マーケター

月収150万東大生ブーバです。

僕はAdoさんと同期です。
どういうことかというと、Adoさんが
メジャーデビューした2020年10月、
僕もビジネスを本格的に始めました。



で、最近よく思うのが、
大ヒットする商品、売れるブランドって
マジでワンパターンだなということ。


いや本当に全て同じに見えます。


今日はアーティストのAdoの
成功事例を解説しながら、

成功するビジネスの
共通点を書いていこうと思います。



ちなみに僕ブーバのビジネスも
この成功法則に則って拡大させてきたので

そういう意味ではAdoと同じです。




あ、ちなみにAdoさんとは、
2020年10月に「うっせぇわ」で
メジャーデビューした女性歌手のこと


うっせぇわは2021年5月現在
1.3億回再生されています。

やっべぇわ。

【Ado】うっせぇわ

その後も新曲を出すたびに
バズりまくる顔出しなしの
次世代アーティストです。


ご存知であればわかるかと思いますが
超絶大人気です。



僕も個人的に好きな部類の音楽ですね。

Adoはデビュー時からファンがたくさんいた

Adoさんの軌跡を見れば
ビジネスの成功法則がわかります。


Adoさんはもともと「歌い手」でした。



他人の曲を「歌ってみた」動画を
投稿する人たちのことですね。



で、その歌い手時代から
歌声や表現力が評価されて、
ファンがたくさんいました。


自分の曲は持っていないのにです。


だからいよいよオリジナル曲を携えて
メジャーデビューする!という日には
約3万いいねと約5000リツイートされたそう。


ちなみにこれって昔ならありえないです。

インターネットが無くて
個人が情報発信できなかった時代は、
デビューしてからファンを獲得するのが
普通でしたから。
というかそうするしか無かった。




こうして元々人気のあったAdoさんは
メジャーデビュー曲「うっせぇわ」を出して
人気大爆発します。


半年で再生回数1億回超えって、
意味わからない数字ですよ?

今では超売れっ子歌手です。



Adoさんの成功事例を抽象化すると


Adoさんは元々他人の曲を歌う
紹介者、レビュワーのポジションだったのが



徐々にAdoさん自身のファンが増えていき
信頼が溜まっていき



既に見込み客がいる状態で
自社ブランド(オリジナル曲)を発表したら
大ブレイクした



ということになります。

Ado型のビジネスは成功の法則

で、このAdoさんのやり方で
上手くいったビジネス事例って
めちゃくちゃあります。


というか、Adoさんのやり方
模範的な新ブランドの立ち上げ方なんですよ。


わかりやすいのは
僕も紹介した化粧品ブランドの
meethですね。

その時の記事はこちら↓
倍率200倍!?ファンが殺到する化粧品ブランド「meeth」の情報発信が学べるところ多すぎた


ソンミさんという美肌研究家の方は
最初はひたすら市販の化粧品を
レビューしまくってました。


美肌の紹介者であり、研究者だったんです。


で、質の良い化粧品悪い化粧品を
教えてくれるなんて
女性からしたらありがたい。


こうしてソンミさん自身にファンがついていった。


だから、自社ブランドmeethを出せば
売れてしまうということです。


MEGBABYさんという方も
全く同じことをやっていますね。

MEGOOD BEAUTYという自分のブランドを出して
バカ売れしてます。




まだ事例なんてたくさんあって、
例えばオススメのダイエット法を紹介しながら
ファンがついて信頼を獲得してから
独自のダイエットノウハウを販売、

といったこともできますよね。



この戦略のミソは

「その道に詳しい人」という
ブランディングができるところ
にあります。



化粧品をレビューしまくっていれば
「化粧品に詳しい人、肌に詳しい人」
だと思われるし

ダイエットのレビューをしまくっていれば
「ダイエットに詳しい人、栄養素、体の構造に詳しい人」
だと思われる。



ファンからそうやって
信頼されていれば、
自分のブランドを立ち上げたときには
もう売れる状態になってるんです。



応用すれば、初日から大繁盛の
飲食店を作ることもできます。


例えば僕が飲食店をやるのであれば
まずはグルメブログを書きますね。


ひたすら美味しい飯屋さん、
微妙な飯屋さんを正直にレビューしまくります。


六本木 グルメとかでSEO取れたら最高。


で、そのグルメブログへの来訪者が多くなって
次第にブログ運営者の僕にファンができたら、
そのブログで


「僕は本当の意味で美味しいと思えたご飯屋さんはほとんど無かった。
だから僕が新たに飲食店をやることにした」



と書けば、初日から繁盛する店のできあがりなわけです。


これも、ファンの間では
「グルメに詳しい人、料理に詳しい人」
と思われているからこそ、



「この人が出す飲食店は
きっと超美味しいんだろうな・・・

どんなメニューなんだろう??」


そう思われるようになっているってことですね。

「ブーバ」にも応用してます。

僕ブーバの発信にも応用しました。


なるほど。自分に魅力が無くても
ひたすらレビュワーになっていれば
成功できるのか!


そう思って、他の発信者の
レビューをしまくりました。


直接会う会わないに関わらず
記事で紹介してました。



記事での紹介にとどまらず
コラボしてセミナーや懇親会も
開くようになりました。



この辺りですね。

寝ながら年商1億5000万稼ぐ38歳経営者・あっきーさんをゲストにお呼びして、セミナー&懇親会を主催しました。13人の大所帯!

10ヶ月でフォロワー18000人超えのインフルエンサーをゲストに、Twitter爆伸びセミナー&懇親会を開きました@西麻布

60ヶ月連続月利益100万以上の工藤なおきさんとコラボセミナー!北海道や三重県からもご参加いただきました。

【年商1.4億円超え・モンゴル国内No.1】人気レザーブランドHushTug代表とコラボして講演会を開きました!



もうね、側から見たら紹介者のポジションっすよ。
ブーバってやつは
とにかくいろんなやつを紹介する人だなぁと。


でも中は違います。

自分で言うのも変な話ですが、

きちんと知識をつけて発信していれば
「ブーバ」自身にも信頼は溜まって行くので
結果的に自分の商品が売れているのです。



これってかなり再現性高いと思っていて、
今自分のパワーだけでは
懇親会を開けない人も、

格上とコラボすれば人が集まるかもしれません。


3回くらいそれでコラボしていれば
今度は一人で懇親会を開いても
何人かは集まってくれるかと思います。



もちろん紹介するのは人だけじゃなくて、
様々なビジネスの成功事例を紹介でも
いいかと思います。


ミソは、「ビジネスに鬼詳しい」と
思われること。


詳しいブランディングができるということです。
(実際にかなり詳しくなれますし)


そんな人がもしオリジナルなノウハウとか
教材を出すとしたら、
ちょっと興味沸くんですよね。



だからまずは他人のブランドを借りよう。
紹介者になろう。


そこから徐々に、「自分」に信頼を溜めて
ファンを作って行こう。


Adoと全く同じことしてます。


再現性の高いビジネスの成功法則なので
ぜひ生かしてみてください!



これから新ビジネスを立ち上げる時にも
かなり役立ちそうです。



今回の成功法則の派生系がこちらの記事です。
旅館を経営するなら、何を紹介すればいいのか?
どんなレビュワーになるべきか?を語ってます。
もし僕が栃木県に旅館を経営するなら


同じく、ビジネスには成功するパターンがあります。
かなり好評いただいてる記事です↓
クラウドファンディングで人気プロジェクトと不人気プロジェクトの違いを分析してみた。

ーーーーーーーーーーーー

ただの就活生が半年で月収150万円に!?

ブーバが漫画になりました!

続きはこちらをタップ!


メルマガではブログにも書けないような濃い話をしています。
全て無料です。

期間限定でプレゼント中↑
僕が20万円の教材を元に作り上げて、
続々と感想いただいているpdf20枚のレポートです。

一読くださると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました