抽象的だから刺さらないんだよ。

ブーバです。

今日は「抽象的だから刺さらないんだよ。」
というタイトルでお届けしますね。


売れない人、利益が出ない情報発信者って
かなりの割合で情報発信が抽象的です。



例えばビジネス系の発信者で
こんなツイートをしている人がいました↓

うーん、まだ抽象的なんですよね。

もし僕がこれを直すのであったら

店のメニューの看板が、
「〇〇ベーカリーへようこそ!」から
「北海道の特製バターと小麦粉を使用した超人気メロンパン200円」
に変わってて、人が殺到してました。

ベネフィットを提示した方が、人は興味を持ちます。
最初に自己紹介してても意味が無いのです。



くらいには言います。
メニューの看板が具体的にどう変わったのか?

を言ってしまった方が、
わかりやすいし面白くないですか?

具体的でないと面白くないのです。


他には

このツイートも惜しいんですが、
まだ抽象的なんですよ。


だって「細部まで語る」って例えばどんな感じ?
がわからないから。

細部まで語れてないってことですね笑


僕が書くなら

『細部までこだわった文章って
〇〇が例としてあって、
これって××よりも書きやすいと思いませんか?』


というような内容になるということです。


「細部まで語る」の具体例を
記事で用意するイメージですね。


ともあれ、例を見てきたように

抽象的だと刺さらない
のです。


逆に、刺さる文章・面白い文章は具体的。


例えばこの記事自体も、
超具体的に書いています。
実際のツイートを勝手に添削しちゃってますからね。


文章に関する知識はこちらから
感情を揺さぶる文章には型がある。人を動かすライティングテンプレート。

ーーーーーーーーーーーー

ただの就活生が半年で月収150万円に!?

ブーバが漫画になりました!

続きはこちらをタップ!


メルマガではブログにも書けないような濃い話をしています。
全て無料です。

期間限定でプレゼント中↑
僕が20万円の教材を元に作り上げて、
続々と感想いただいているpdf20枚のレポートです。

一読くださると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました