フォロワーさんとご飯に行ってビジネスを教え合う会を開きました。

イベント


こんにちは、ブーバです!


昨日、Twitterで繋がった
僕のフォロワーさんとお会いして、
ビジネスについて語ってきました笑

ちなみにこの日は↓の次の日。
月収2000万円の26歳起業家・佐々木先生とお会いした話。


飲みが続いてますね。
今回も記事にまとめておきます!

ビジネスの話

ご飯の
お相手はこたろーさん(@kotaro__sedori)
物販のコミュニティに
参加されている方で、
大学1年にも関わらず
既に中退と起業を志している方です。
(すごい決断力・・・)

こたろーさん

将来は独立して、せどりの情報発信を頑張りたいとのこと。


いやー、就活やめて起業の道に進む
大学生ってなかなかいないので、
Twitter場でとても気があって
お互い嬉しくなっちゃいました笑


んで、会ってお話しましょー!という流れに。

場所は鳥貴族 池袋南公園前店です。

久しぶりのトリキに二人ではしゃいで
割とたくさん食べました笑


僕は物販(せどり)をまだやったことが
無いので、そのあたりのお話を実際の
プレイヤーさんからたくさん
聞けたのは勉強になりましたね。


中国輸入のお話とか、物販のルートの
話だとか。
コミュニティの規模感のお話だとか。
(400人以上いるみたいです!)


せどらーの方が実際何を思って
どんな風に動いているのか、勉強になりました。



話を聞いてて、
「やっぱビジネスの全体像を最初にぶっこんでおいて良かったわ」

とは思いましたね。


僕はせどりをやったことは無いんですが
初めて聞いた話でも
どこで集客して、どこでお金が生まれて
その要因は何で・・・

ってのがやはり掴めちゃう。


抽象的な部分を学んでいるので、
他の個別具体例を聞かされた時に
応用が利く感覚です!


例えばそのコミュニティでは
集客した人が営業上手い人にお客さんを
任せたりするみたいですが、

あー、集客と教育を分担してるのかー
じゃあお客さんの興味を引く力と
お客さんに信頼される力が別の人に
身につくなーとか。




せどりが初めから利益を出しやすいのは
プラットフォームと商品に、最初から
信頼が宿っているからだなー、


逆にアフィリエイトや情報発信だと
信頼してもらうのって別の努力が必要だなー


まあぐるぐる回すことができたのは
いいのかなと。


あとは儲かっている人はやはりみんな
外注化されているようで。


要するに、他の人に作業を任せて
自分は勝手に利益を得る。
大きく儲けるなら必須みたいです。


人件費をかけて「仕組み」を作っている
ということですね!

どんな分野でも仕組みは必要だよね、
という学びにもなりました。



ちなみに、

人件費をかけないで仕組みは作れますよ。

という話をしたら、
少し興味を持ってくださって
嬉しかったです。


僕も知っていることはお話しようと思って
物販とアフィリエイトと
YouTuberの共通点やら
YouTube広告のお話やら
色々お伝えできて良かったです。

資格を取れば安泰なのか?


と、まあビジネスの具体的な話も
学びが多かったですが、
盛り上がったのは
こたろーさんの価値観とか、
大学を辞める決断の話。


「あーーそうだよねえ!!」
の連続ですね笑


弁護士がビジネスに比べて儲からないと
思って目指すのやめたお話とか。


日本って資格を取れば安泰!弁護士万歳!

って勝手なイメージがありますが、
現実はやっぱり違うんですよね。


弁護士なんて鬼のように狭き門をくぐるのは
なかなか難しいわりに、
平均しても年収1000万円いかず、
下手したらもっと低い。


「資格」ってなると当然取りたくなる人が
多いですが、弁護士の需要が
本当に増えているのか?と言えば、
訴訟件数は減っていて逆に需要は減っています。



それで厳しいよねえ、って気づいてしまったと。

もちろん、「司法」に関わりたいという信念が
あるのなら推奨できるし
むしろ立派だと思いますが、

安定したい、稼ぎたいという面での
コストパフォーマンスで言えば悪すぎるほど悪い。


実際こたろーさんはビジネスの世界を見て、
年下の金髪ギャルみたいな人が
月収300万だという話を聞いて、
「あ、こっちだわ」となったみたいです笑



資格業関連でいえば。
こたろーさんの知人曰く、「税理士」は
AIが発達したら一番に消される職業らしいですね笑

何れにしても
「資格を取れば安泰!」ではないってことですね。

「反射的な感情は意味ないよ」と大学に通う意味

あと、すごくいい言葉をいただいて
こたろーさんに教えいる方のセリフだそうですが

「反射的な感情は意味ないよ」


とよく言われるそうです。

例えば師匠に何かやれと言われた時に
「えー無理だよ」とか
「それは嫌だなぁ」とか。


反射的に感情が沸き起こると思います。

でもその感情って過去のあなたの経験上
導き出されているだけでしょ?


新たな世界を見たいなら、
過去の経験に縛られてても意味なくない?

無理かどうかは
やって見なきゃわからないのにさ。


って話みたいです。



もうね、これ俺のことかもな、と感じました笑
師匠に言われたことに対して、
自分の意見とか要らないんですよね。

この変は昨日の記事でも書いたのですが。
月収2000万円の26歳起業家・佐々木先生とお会いした話。




もちろん師匠がちゃんとした人
という条件付きですけど、
自分の過去の経験から来る感情なんて
師匠の経験には及ばないわけです。


自分はビジネス開始1年目の20歳
師匠は年収3億稼ぐスーパー起業家。

どっちのアドバイスを聞きたいか?と言われたら
間違いなく後者ですよね。


あーー自分の反射的な感情とか確かに要らねえなぁと。

気づかされました。


こたろーさんが
大学を辞める時の決断だって
同じはずです。



大学やめるとか起業する、とか
世間のレールからはみ出す行為って

やっぱりめっちゃ怖いんですよ。
本音を言うと。


でも、その怖さって
過去の経験でしかなくない?

その感情を信じて、
過去の延長線上で生きていたら
そりゃー大きな成長は無いよなぁと。


すごい気づきのある言葉だと思いました。


まああとは大学の授業を取る意味が
「単位を取る」と言うことに
なっちゃっているとか。


どこの大学も同じっすよね笑

勉強したくて通っている学生は
やっぱり圧倒的に少数派だし、
勉強したい人でも
全く興味のない学問をやらされたりするのが
おかしいね、と言う定番ネタで
盛り上がりました。

まとめ


とりあえず、楽しかったです笑


僕って発信を始めてから5ヶ月間、
ずーーーーっっっと一人ぼっちでした。


それが正しいと思ってきました。

でもどうやったって厳しいんですよね。
メンタル的にも
情報を得るという視点でもです。


絶対に仲間は必要。
助け合える存在が必要。そう思いましたね。


だからこそ、今回みたいな
リアルでのイベントは

今後もぜひぜひやっていきたいと思います!
最近も懇親会のご案内を流しましたが、
メルマガでのお誘いが主流になりそうかな。


最後に、こたろーさん
本当にありがとうございました!


それでは!

ーーーーーーーーーーーー

ただの就活生が半年で月収150万円に!?

ブーバが漫画になりました!

続きはこちらをタップ!


メルマガではブログにも書けないような濃い話をしています。
全て無料です。

期間限定でプレゼント中↑
僕が20万円の教材を元に作り上げて、
続々と感想いただいているpdf20枚のレポートです。

一読くださると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました