再生回数でHIKAKINを超えたひろゆきの、YouTube収入の仕組みが上手すぎた・・・

レビュー

こんにちは、ブーバです。



今回は、登録者数60万人を超えているチャンネルでコメントを読み上げる動画を出して、

今話題になっている
2ちゃんねる開設者のひろゆきこと、
西村博之さんのYouTube戦略を分析しました。



というのも、
切り抜きも含めたYouTube再生回数が
1ヶ月で2億4000万回再生されてて、
YouTuber界の神と呼ばれるヒカキンの
1億回を大きく超えているんです。

計算上、これまでの再生回数日本一の3倍のペース。


2億4000万回再生はぶっちゃけ頭おかしいレベルです。
日本の人口より上ですからね・・・


ヘビーリピーターが何万人といないと
ありえない数字。



もちろんまぐれでこんなことは起きません。


ひろゆきさんのYouTubeを伸ばす
戦略が秀逸すぎたのでご紹介します



ーーーーーーーーー
ちなみにひろゆきさんの基本プロフィール
・大学在学中に合資会社を設立
・投稿サイト2ちゃんねるの創設者
・動画配信サービス『ニコニコ動画』の管理人
・最高年収推定3億円
ーーーーーーーーー

自身の動画をフリー素材化→収益を分け合う

戦略の根幹は「フリー素材化」です。


ひろゆきさんは自分がYouTubeに上げた動画を、
誰でも自由に切り抜いて動画をアップすることを
許可しました。


「無断転載して良いよ!」ってことです。


そして圧倒的な動画数で
YouTubeを占領しました。

↑切り抜き動画を一度でも見ると
関連動画が大量のひろゆき切り抜き動画で
埋め尽くされるくらい。


単純に動画数が多いので
認知がかなりのスピードで広がります。


これ頭良すぎるんですよねぇ。



これまでの考え方だったら
「著作権を放棄して偽物が出回ったら
本物の売り上げが落ちてしまう・・!」



だったと思うんですよ。


だからこそ中国のパクリ産業は批判されるし、
YouTubeの動画関連で言えば、
例えばMステ(ミュージックステーション)
の無断転載動画はすぐに消去されるようになってます。

「後から見れるんだ〜」って思われたら視聴率落ちちゃうし。



ところが、ひろゆきさんはむしろ逆。
どうぞ勝手に使ってください。と
素材を解放して認知拡大を優先させました。



この戦略を見て僕が真っ先に思い出したのは
キングコング西野さんの
「えんとつ町のプペル」ですね。


プペルも、1億円の制作費を使って
33名のクリエイターで4年かけて作った
渾身の作品(絵本)を、無料で解放しました。



手間暇かけて作った絵本を
誰でも無料で見れるようにして、
さらに原画を無料で貸し出して
誰でも各地で原画展を開いてOKとしたんです。


最初から有料販売していたら
1万人が買ってくれて終わりかもしれない。
(絵本は1万部売れれば大ヒット)


でも無料公開したので3000万人以上の人に
認知されつつ、絵本としては珍しい数字の
10万部売り上げたという結果になりました。


→話題を読んで映画化もされましたよね。

無料解放してなかったら
起こり得なかったことです。



ひろゆきのYouTubeもまさにこれで、
圧倒的な動画数で
世の中の目に触れる機会を
増やしたということですね。


最近だと『エヴァンゲリオン』も
二次創作と収益化を許可してました。


異例です。映像作品にも関わらず。



従来の「本物の収益を落とさないために
偽物は許可しない!」というスタンスより
「本物の認知を取るために偽物OKよ〜」
というスタンスの方が結果的に儲かる、という流れができてますね。


ひろゆきさん上手えなと思う点はまだまだあります。

【アフィリエイト】転載者と収益を分け合う仕組み

無断転載しても良いけど、
収益化するのであれば
儲けは折半だよ〜という戦略です。


つまりひろゆきの切り抜き動画が見られると、
広告収入は偽チャンネルとひろゆきさん本人に
50%ずつ入るようになってます。


やってることがアフィリエイトと同じだ・・・
と思いましたね。


アフィリエイター(転載者)は
商品(動画)を自由に紹介できる。


自分で商品を作らなくて良いというのは
かなり楽なので魅力的です。


だって自分で動画撮らなくても良いんですもん。



で、売れたら(動画が見られたら)
紹介者(転載者)と販売者(ひろゆきさん)に収入が入るようになってます。



実際ひろゆきの切り抜き動画を
YouTubeにアップして
月10万以上稼いでいる人はたくさんいて、

トップ層になると月100万の利益が入ってます。


自分で動画撮らないでも
月100万稼げるんなら
やりたい人が増えるのもわかりますよね。

アフィリエイトの参入障壁が
低いのと同じです。


そしてアフィリエイターが多ければ
ひろゆきさん自身も儲かります。


ちなみに著作権フリーにした方が儲かるんだ!と
気づいた方は他にもいます。

【朗報】僕のYouTube動画を「著作権フリー」にします【収益あげます】
ビジネス系YouTuberのマナブさん。


あとは人気YouTuberのヒカルさんも。


ひろゆきさんはその先駆者ということです。

YouTube関連動画のアルゴリズム

YouTubeは動画を視聴していると
関連動画が出てくると思います。


普段利用される方ならわかると思いますが、
例えチャンネルが違くても
内容が関連してれば出てくるような
アルゴリズムなんですよね。


その結果↓

こうなるということです。笑


ひろゆきさんは
こうなることを読んでいたんだと思います。



関連動画はバカにならなくて、
動画再生の70〜90%は関連動画から
と言われてるほどです。



単純に物量が多い人は勝ちやすいんですよね。。
特にYouTube上では。


↑これはコンテンツビジネスをやるにしろ
重要な考え方で、
コンテンツの「量」だけで
not believeの壁を超えられることがあります。




「これだけ記事を書いてる人だから、、、
まさか詐欺師なんかじゃないだろう。」


と思われやすいということ。
最初から質だけでnot believeを超えるのは
難しいですし、
単純に量をこなすことのメリットですね。

短い動画時間で再生回数を稼ぐ

ひろゆきさん自身が出す動画は
2時間半くらいのものが多くて、
見ようとするとハードルが高いんですよ。


でも切り抜きする転載者たちが
動画の時間を短くして出すことによって
ハードルを感じずに見ることができます。





つまり見るまでのハードルを下げた
再生回数に特化した戦略ということです。


(広告収入を増やしたいのであれば
動画自体を長くして広告をたくさんつけるのもアリなんですが。)



しかも
切り抜かれた短い動画が気に入れば、
ひろゆき公式チャンネルの長い動画も
見られるようになります。

(つまり切り抜きを許可した方が
自身の動画再生回数も伸びて行きます。
短くせずとも。)




再生回数を増やして露出回数を増やすという
なんとも2ちゃんねる創設者らしい戦略。



さらにバックエンドとして
ひろゆきさんは書籍もいくつか出されているので
認知されてファンが増えた分、本が売れて
動画以外でも収益が立ちます。上手い。

切り抜きしやすい動画構成

この戦略が上手くいった理由の
根幹だなぁと思うのは、
ひろゆきさんの動画はかなり切り抜きしやすいということです。


ひろゆきさんの動画は
YouTubeスパチャという機能を使って
投げ銭をした視聴者の質問に
ひたすら答えていくというスタイル。


だから1つの動画として
起承転結があるわけじゃなくて
どこから見て、どこで見るのを辞めても
楽しめる構造なんですよね。


つまり短く切り抜いても
動画として成り立ってしまう・・・


これが再生回数が伸びた大きな理由です。


対して同じく切り抜きを許可している
ヒカルさんやマナブさんの動画は
もともと起承転結があるものがほとんどです。


切り抜く側からしたら
どこをどう切り抜けばいいのかわからない。


もちろん動画が面白いというのは
最低条件なんですが、
多くの人の中でひろゆきさんが跳ねたのは動画スタイルの違いでした。

ひろゆきさんのもったいない点 リスト取ればいいのに・・・

YouTube上での戦略としては
かなり上手いと思いますが、
唯一もったいないのは



リストを取っていないことだなと思います。

(リスト=お客様情報。
メールアドレスやLINEのアカウントなど)


2億4000万回以上再生されてるんです。
その動画の概要欄全てに



「ひろゆきの表では話せない裏話メルマガ」
な〜んて登録フォームが置いてあったら、
かなりの人数が登録してくれると思いません?


つまり問題点は
後ろに利益をあげる仕組みが無いこと


これまでひろゆきを知らなかった人にまで
一気に認知を広げたのに、
書籍を売るくらいしか
利益をあげるポイントが無いんです。


例えばメルマガを始めれば
途中でなんらかの商品、コンテンツが
売れるかもしれないし、


自分で何かしらのサービス
(例えばプログラミングスクール)を出してれば


利用者はかなり増えるでしょう。
単価も高いから利益も上がります。



仮に10万人が登録してくれたとして計算してみると。


単価5万円の商品を置いて、
もし成約率が1%でも出れば

50,000 × 100,000 × 0.01 = 5千万円の利益が出ます。



ひろゆきさんの現在の年収は
3千万円程度らしいので、
一気に倍以上になっちまいます。


もちろんYouTubeという開かれた場所で
商品を売り込んだら、
炎上したマコなり社長と同じ目に遭いますが・・・
(叩かれまくる)



後ろにメルマガのような
クローズドな場所があれば
炎上せずとも高単価商品が売れると思うんです。



LTV(生涯顧客価値)が高い上に
爆発的に接触回数が多いのが
最強なビジネスですからね。

そんなに言うなら自分でやってみるか

実際動画アップロードしてリスト取るって
意外とできるのではないか?


と思い立ったので、やってみました↓
動画30本をYouTubeにあげてみた結果は…?ひろゆき切り抜きからのリスト取りチャレンジ。


ソッコーで切り抜き動画を30本
制作してアップロードしてみた。

果たしてリストは取れるのか・・・?
そもそもどのくらい再生されるのか?

というところまで検証してます。



リスト取りに関しては、
もちろんひろゆきさん自身に
そんなモチベーションが無いだけでしょうが、
お金儲けの視点でもったいない点でした。


というわけで、アフィリエイト方式で
物量でYouTubueをハックしたというのが
ひろゆきがヒカキンを超えた理由でした!

ーーーーーーーーーーーー

ただの就活生が半年で月収150万円に!?

ブーバが漫画になりました!

続きはこちらをタップ!


メルマガではブログにも書けないような濃い話をしています。
全て無料です。

期間限定でプレゼント中↑
僕が20万円の教材を元に作り上げて、
続々と感想いただいているpdf20枚のレポートです。

一読くださると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました