【物語ブランディング】ペットショップの売り上げを伸ばす方法。YouTubeチャンネル開設?勝手にコンサルします!

マーケター


こんにちは、ブーバです。


今回はペットショップの売り上げを、
脳内で勝手に上げていきます。笑

犬や猫を販売している一般的なやつです!


軽くリサーチしましたが、
どこのショップのサイトも
正直「うーん」という感じ。


まだ改善できるんじゃね?と。
生意気ですが笑



WEBまわりと実店舗に分けて考えていきますね!

キーワードは「物語」です。


では、妄想コンサルスタート!↓↓

WEBまわり

サイト(SEO)

まず、お店のサイト設計が
めちゃくちゃ重要になると思っています。



犬や猫を飼いたいと思ってて、
ペットショップに来店するお客さんが
どういう行動を取るかというと、


大抵「ペットショップ 池袋」

とかでググりますよね?

そして表示されたペットショップのサイトを
見比べて、ある程度目星を付けてから来店するわけです。



つまり購入の意思が大きい見込み客ほど
ネットで事前に調べてきます。


もしサイトでお客さんの心を掴んでいたら、
他のショップと比べて圧倒的に有利だと思いませんか?

サイトだけで行くお店を
確定しちゃう人もいるはずですし。



でも、既存のペットショップのサイトを見ている限り
心を掴まれなかったんですよねぇ、僕は。


可愛いわんちゃん猫ちゃんの画像が
バーっと貼ってあるってのが多くて、

クリックすると詳細を見れるって感じなのですが、
その詳細がちょっとしかない。

出身地・体重・品種が書かれていて、
たまに性格が1、2行で紹介されているくらい。



ここに、「物語」を入れていきます。


性格を説明するにしても、もっと詳細に
食べるときの様子はこうで、
遊んでいるときの様子はこうで、
店員さんとの絡みはこうで・・・と載せていく。


↑こういうのって小さな物語ですよね!


あとは仕入れた時のエピソードとかも
いいと思います。
(ブリーダーさんから仕入れることが多いみたいです)


「生まれたてのこの子は目がウルウル輝いていて、
思わず引き取りました!」とかね。


そうやって小さな物語を見せた上で、
「こんな子なんです!」
って愛情を持って紹介されていたら。

それだけでそのわんちゃんに愛着湧きません?


あとは別にその子に限らなくてもいいんですよ。


品種についての物語とか。

例えばゴールデンレトリバーの赤ちゃんだとしたら、
ゴールデンレトリバーについての
物語を書いておきます。

「〜という経緯で発見されて、名前の由来は〜で・・・」
「その昔は猟犬としても活躍していて・・・」
「賢くて穏やかで忠誠心があるので、こんなエピソードもあります」


こうやって品種についてのエピソードも載せておくだけです。

「この子にもそんな立派なわんちゃんに育ってほしいですね!」

もしこんなこと書いてあったら、

あったかい気持ちになるというか、
「この店で買いたいな」ってなると思います。

もしお客さんにそう思わせたら勝ちですね!
多少他の店より値段が高くても買ってくれるんです。


物語には感情が宿りますからね。
人の感情が動かされるときは、
紛れもなく感情に触れたときです。


可愛い写真だけだとどうしてもできない部分。

「可愛い」は、機能的価値ですから。
いわばスペックです。


ここに物語という感情的価値を付け足してあげるんです。


このことがよくわかる例を出しますね!!


同じくらい可愛い2人のアイドルがいたとして

過去の話を全く語らないAさんと、

アイドルになるまでの学生時代のエピソード、
アイドルになったきっかけ、
好きな小説とかを語りまくってるBさんがいたらどうでしょう。


多くの人がBさんのファンになりそうです。


「可愛い」はただの機能的価値ですから、
もっと可愛い子が出てきたら
負けちゃいます。。。残酷なことに。


でもそこに物語が入るだけで
感情的価値という付加価値が乗ります。

感情は他と比べたりできません。
だから、他に可愛い子がいてもファンになるんです。



ちなみに、こうやってアイドルに物語を上手く載せたのが
AKB48や乃木坂ですよね!

ただ歌って踊るだけじゃなくて、
映画で裏話が出ていたり、
番組でキャラクターを発揮していたり。


そうした感情の部分で引き込まれるわけです。
(僕も元乃木オタですw)



話を戻しますが、こうやって物語を使って
感情を載せたマーケティングが
できていないペットショップは多いんじゃないかと。



ちらっと言ったんですが
店員さんとの絡みを載せるのもポイントです。


店員さんが愛情込めて紹介しているようなページの方が、
買う側としても安心感がありませんか?

「あ、この店は管理もしっかりしてるな」
って思われると思います。
高価な買い物ですから大事な部分。


こうやってスペック以外の部分で差別化しちゃいます。
物語で見込み客の心を動かすことができたら、
お店に来てくれそうですね!

YouTubeチャンネル

可愛い動物の動画ってバズるよな。

単純にそう思ったのですが、ペットショップとして
そういう動画を出しているチャンネルって少なくとも
僕が調べた限りでは無いんですよね。


あったとしても、単にお店のわんちゃんを
10秒くらい撮った紹介動画ばかり。
それではその店のサイトを訪れた人しか
見ようと思いません。


これは勿体無いなと。

役者がたくさん揃ってるんですから
企画ものをやったりして、
もともとそのお店に興味が無かった人も見るような
チャンネルを作り上げたらどうでしょうか?



そんなペットショップなかなかありません。

だからこそ目立つんです。

たとえバズらなくても
可愛い動画をあげ続けていれば登録者は増えるし、
そんなチャンネルを持っているだけで

確実にお店としての価値が上がります!!


このペットショップ気になるな、とネット上で思わせたら
来てくれる人も増えるし、
店頭でもチャンネルやっていることを
アピールできれば興味は引けますよね!


もしうまくいってスター犬、スター猫が現れたら
高い値段で売れるかもしれません。やらしい話ですが笑


チャンネルがあればsnsとかでも注目されるし、
デメリットは無いかと思います。


僕がコンサルするんだったら
YouTubeチャンネルを作るためだけのバイトさんを入れます笑
週2とかでオッケーなので。

楽しげな仕事なので
やりたい学生さん多そうじゃ無いですか?笑


ペットショップって1頭20万円とかの
高単価な商売なので、
多少人件費がかかったとしても
それだけで信用が上がるなら全然やる価値あると思います。


とりあえずWEBまわりはこんな感じで盛り上げたいですね!

実店舗

実際のお店を改造していきます。


店舗でも基本方針は変わらず、

物語で感情的価値をつけること

これを追求する。


ペットショップ店内にも、サイト構築の時にお話ししたような
物語を感じれるポイントってほとんど無いんですよね。


ただのちょっとした紹介だけじゃなくて、
濃いめの物語があれば、より価値を感じます。



サイト上のようにはスペースが無くたって、
ケージにわんちゃん説明の大きめのプラカード立てかけたり
店員さんが直接話しかけたりすれば
やりようはある。


セールストークっぽく話すんじゃなく、
普段の性格とかじゃれあいとかを話すだけでも
良いんです。小さな物語でブランディング。


「可愛い!」だけじゃ他の店と同じなので、
購買意欲が高いお客さんの心をここでも掴みにいきます。




あと、実店舗ってサイトと圧倒的に違うところがあって、
購入意欲が低いお客さんも割と来るんですよね。


小さい子が動物を見たいから入ったり
カップルがデートとして入ったり。

何度か入ったことありますが、
明らかに買う気がない人が結構います。
(僕もその一人でしたが笑)


じゃあどうすれば良いか?
元々ペットを飼う気が無かった人が
飼うことを考えるようになる

コンテンツを仕掛けると良いのかなと。


具体的には、公式LINEを使います。

一通りペットを見終わって満足したカップルに、
LINEに登録してくれた方には、プレゼント差し上げてます!
なんて言いながらQRコードを差し出す。


カップルが店に来た記念になるような
犬のちょっとしたステッカーなんかが良いですね。
無料でお揃いのグッズが手に入るなら
登録してくれるかもしれません。



そしてそのLINEで、
定期的にペットにまつわる物話を流します。


ペットを飼うのには思ったよりお金かからないんだよー、とか、
うちのお店でペットを飼い始めたお客さんの話、とか。

『ペットがきっかけで同棲し始めた話』とか出したら
めちゃくちゃ刺さりそうじゃないですか?笑



とにかく元々飼う気が無かった人が
ペットを飼いたくなる物語コンテンツ、
ですね。


コンテンツを投げるのは無料ですし、
ステッカー制作費などを差し引いても
LINEをきっかけに一頭でも売れれば黒字になっちゃいます。


ただ見物に来たカップルとか女の子二人組とか、
馬鹿にならない人数だと思います。

そうした人にアプローチできるだけでかなり変わりますよね!!
てか、お店側としても見物客を見物だけさせて帰らせるのは
かなりもったいないし悔しそうなので笑



もちろんこのLINEは、飼う気満々だったけど
他のペットショップとも比べたいので
一度店を出る人にも登録してもらいます。


一通目の登録ありがとうLINEで
店の創業秘話とか刺さる物話を入れておくだけで、
ライバルには無い魅力がダダ漏れです。



いつの間にかネットの世界に飛び出しちゃいましたが、
とにかく実店舗でも「刺さる物語」を
どうにかして見せていくスタンス、です!


一度店に来たら執念で離しませんよ、僕のペットショップは笑

まとめ:物語ブランディング

ここまで読んでいただいたように、
WEBまわりだろうとリアルのお店だろうと

ストーリー、物語で徹底的に
お客さんの心を刺しにいきます
。物騒な言い方だけど。

感情で感情を動かす、という考え方ですね。



そもそもペットって生き物じゃないですか。
ペットを飼う理由は様々でしょうけど、
少なくとも普通の嗜好品とかよりもよほど
感情的な買い物だと思うんですよね。


だからこそあんなに高値が付くんです。
一頭40万円とかしますからね。


店員さんはみんな愛情を持って
接していると思います。
打算的ですが、
その愛情を、もっと見せていかないと勿体無い!!


そこは多少コストをかけても
採算が取れる部分です。



「可愛い」「愛くるしい」という機能が
しっかりしているからこそ、
物語という感情で飾っていくコンサルをしてみました。

何か学ぶものがあれば嬉しいです!
最後までありがとうございました。


ブーバ


こちら、師匠にもご評価いただいた勝手にコンサルシリーズです。
【Amazonに負けるな】もし僕が街の本屋をコンサルするなら。ターゲットは小さい子供?

ーーーーーーーーーーーー

ただの就活生が半年で月収150万円に!?

ブーバが漫画になりました!

続きはこちらをタップ!


メルマガではブログにも書けないような濃い話をしています。
全て無料です。

期間限定でプレゼント中↑
僕が20万円の教材を元に作り上げて、
続々と感想いただいているpdf20枚のレポートです。

一読くださると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました