ブーバの過去。現役東大生が年収3億起業家に出会って就活を辞めるまで。

ブーバ物語

こんにちは。
僕はブーバと言う名前で情報発信してる大学生です。


個人がいかにマネタイズするか?
を教えています。


ブログご覧いただきありがとうございます。
このページでは自己紹介をば。


現在21歳。


これまでやってきたことをまとめると


・発信初月に収益発生→4ヶ月半で月収120万円達成
・累計売り上げは200万近く。
・年商1億5千万の経営者、フォロワー18000人のインフルエンサー、
60ヶ月以上月100万を切らない起業家とコラボ。
・都内でセミナーを開いたところ、九州、兵庫、長野などから
お客さんが多数参加。
・年収3億を不労で稼ぐ師匠、月2000万
・月200万

・メルマガ設置して2日で登録される
・開始1ヶ月でコンサル依頼を受ける
・都内でセミナーを6回開催
・懇親会や勉強会も9回開催
・コンサルした発信者さんが仕事が追いつかないくらい繁盛して収益上がる
・有料教材リリース初日にすぐ売れる

という感じです。

あとは最近ですと


・スピリチュアル系の発信を教えていたら、お礼として無料で占ってもらったり
・月収200万の方に「ぜひお話聞かせてください」とご飯に誘われたり


と言ったこともしています。


今は爆速で成長している最中です。

ネット上に仕組みを作って、
お金と時間に困らない生活を構築してます!


いやー、半年前までは
全く考えられなかった世界ですね。


月に100万ほどは個人事業主として利益をあげられる。



メルマガで長文の返信を
くださる方がいる。

セミナーや懇親会の参加者を募集すれば
すぐに来てくださる方がいる。
慕ってくれるコンサル生もいる。


特にこの辺りは
ビジネスに出会う前は想像もつきませんでした。

ビジネスに出会うまでは

・バックパッカーとして14か国を周る
・タイでヒッチハイクしたり、
マレーシアで野宿したり、
アフリカでホームステイしたり。
・東大現役合格
・テレビ番組作ってました(インターンシップ)


なんてこともしてました。
気になる方はメルマガに返信ください笑


最近では、僕なりの経験と結びつけて
「結果が出るビジネスの知識」を
セミナー参加者さんや
メルマガ読者さんにお伝えすることが
すごい楽しくなってきました。


懇親会で
「ブーバさんのお話にまじで胸を打たれました。」
と言われたり


メルマガで
「もはやブーバさんが私の師匠みたいな気持ちです(;’∀’)」
「頭をハンマーで殴られるほどの衝撃でした。」
など、かなり長文で返信をいただいたり


一人でニヤニヤしながら読んで、
返信しています。
普通に超嬉しいです。




これまで社会のレールに沿って
周りのいうこと聞いて生きてきた僕が、
今になってなぜ起業したのか?


それは、知ってしまったからです。


良い大学、良い企業に行った東大生よりも
起業家たちの方がはるかに人間として魅力的で、
経験が豊かで、おもろい人生を歩んでいると。


僕の人生のモチベーションって
ワクワクした人生を生きたい。
知識も経験も豊かな、魅力的な人間に成長したい。

と言う、少年漫画の主人公のようなものです。真面目に。

冒険や成長が好きだし、強くありたい。



それを叶えているのは、優秀な東大生よりも
一人でビジネスをする起業家だと気づきました。




そして僕の目指す姿のうちの一人が、
大学生のうちに起業して
今や3億円以上を自動的に稼ぐ師匠。


自動ですよ?自動。


働かなくても
毎日100万円収入が入ってくる状態。


怪しいですが事実です。
お会いするたびに知識と経験のエグさに
やられてます。


被害の多い投資案件や
いつの瞬間財産が飛ぶか
わからないFXと違って、

情報発信とマーケティングの
本物の実力。


しかもマーケができるようになるということは
趣味を仕事にできるということ。
↑これめちゃくちゃ面白そう。



起業家たちが時間とお金に縛られない生活をして、
豊かな経験と刺激的な人生を歩んでいることを知って、


僕は心を奪われました。
それはもう、自分の半生がフラッシュバックされました。





僕は懇親会などで初めて会った人に

・東大入る時の裏話とかあるんですか?とか
・なんで就職を捨ててビジネスの世界に入ったの?とか
・アフリカ行くなんてすごいです。とか

聞かれることが多いです。

その辺りについては東大レポートに載せました。
こちらがまだの方はぜひです↑



この記事では、
幼少期〜高校の部分と、
僕がビジネスをするモチベーションについても
お話して行きます。

幼少期〜中学 大人になりたくなかった。

通学路にイノシシが出てくるような、栃木の田舎で育ちました。

父が会社員で母が主婦の平凡な家庭です。


壮絶な過去とか特にありませんが
強いていうなら

大人になりたくなかった。


小さい頃からずっとずっと。


大企業に勤める父も含めてですが、
心から楽しんで仕事をしている人を
僕は見たことがありませんでした。


仕事=嫌なもの。憂鬱。


物心ついた時からそう思ってました。


だって父さんとか普通に
「子供は働かなくてよくて良いなぁ」

とか僕に向かって呟いてきましたからね笑


あー、今は友達と遊んだり
学校行ったりゲームしたりする
楽しい時間は、子供期間限定で。

将来はきっと大変なんだなぁ。やだなぁ。


子供ながらにそう感じて育ちました。


あ、ちなみに小中は野球をやってて。

自分なりに本気でやりましたが
もう、センスがある奴に敵わないんですよ。


庭で毎日素振り100回とか、
毎日2km走り込みとかしてたのに

最後の大会で4打席連続三振。

さらっと書いてますが
個人的にかなり辛い経験です。


早い話、挫折を学びました。

高校〜東大現役合格 学歴こそが正義?

県内有数の進学校に入学。


そこはもう学歴こそが正義の世界でした。

中学までもそんな価値観でしたが、それが一層増しました。
進学校の方ならわかっていただけるかと。


偏差値の高い大学を目指すのが当たり前。
ほぼ全生徒が盲目的に勉強していたと思います。


僕はこういう型に当てはめた教育が嫌いです。


良い大学、良い企業に勤めなさい。
そのために勉強しなさい。
学力が正義です。

そんな世間の思想や価値観が大嫌いです。

例えば僕の高校の友達はMステ出演が夢で
本気で音楽活動を頑張っていました。


やりたいことがあるっていいなーと
素直に思って周りの友達で応援していましたが、



先生方には
「そんなことより勉強しろ」
「遊んでないで勉強しなさい」

と言われていました。


先生方が悪いとは思ってません。
勉強するのも悪いとは思いません。


でも、
やりたいことより現実を見なさい。
良いことがあるから勉強しなさい。
っていう世間の無責任な価値観が悪いと思ってます。



良いことってなんだよという。

勉強以外で輝けるならそれでいいじゃんか。


僕はというと
当時その価値観に歯向かえませんでした。

実はこの頃から、心の片隅では
・人生を楽しむ上で勉強より大事なことがある
・出身大学なんか関係無い
・高学歴ルートじゃ、やりたいことやれない


ってことはわかっていました。


でもそれを認めると
これまで勉強を頑張ってきた意味が無くなっちゃうんですよ。

自分を否定することになる。

いつの間にか、受験勉強することでしか
自分を正当化できなかったのです。


結果、高校三年間は多くの時間を受験勉強に費やしました。
訳も分からず。
その先になんの良いことがあるのかも分からず。


若くて楽しい時間です。
もっと色々なことにチャレンジしたい時間です。
たくさんの刺激を受けて成長したい時間です。


もっとワクワクすることをしたかったけどさ。



有名大学有名企業に入ると良いらしい(?)
というあやふやな世間の思想を信じて。

「東大卒の電通社員が自殺」とか、
見たくない現実は見ないようにして
周りの価値観・世間のレールに従って。



来る日も来る日も


勉強勉強勉強勉強勉強勉強勉強勉強勉強勉強

1年間、1日13時間以上、最後の2週間は1日16時間以上が勉強の時間。

こうして、僕は東大に進学します。

ビジネスとの出会いと、これまで

僕は東大に入ってから、見たくないものを見てきました。

世間の言うことを半分信じて東大に入ったものの、
・東大生でも必死に就活していること
・東大生でも卒業したら企業にこき遣わされること
・一流企業で働くことは全然楽しいわけじゃないこと(例外あり)
・東大生でもそのままじゃ凡人と言われたこと
・強くならなければ東大生でも意味がないと知ったこと
・労働の辛さを知ったこと
・起業家たちが東大生よりはるかに魅力的だったこと
・起業家たちの人生の方が面白かったこと
・勉強してる奴はバカだと言われたこと


を目の当たりにして、体験してきました。


繰り返しますが
僕の人生のモチベーションは
ワクワクした人生を生きたい。
知識も経験も豊かな、魅力的な人間に成長したい。

と言う少年漫画チックな欲求です。


大切な人を守れるだけ強くなりたいし、
平凡じゃない、面白い人生を生きたかった。


だから、
・東大に入っても強くなければ意味はない。
・ただの凡人である。

と言う事実を突きつけられて、悔しかったです


その辺の話は東大レポートに書きました。
まだお読みでなかったら、
まずはこちらからどうぞ。



では、続けますね。


悔しい思いをして来た僕は、
ビジネスの世界を知った時に
衝撃を受けました。


これだ!!という、電気が走ったような感覚。


それから教材を勉強したりして
時間はかかったものの、

ブログを開始。
そしてちょいと遅れてTwitterも開始。



それから初月にコンサル依頼をされたり
アフィリエイト報酬が入ったりなど、
有料コンテンツが即日売れたりなど、
着々と仕組みを作り上げております。


時には師匠に叱咤激励されながら。


朝起きたらお金が振り込まれてる感覚は
忘れらません。


田舎に住む20代の会社員さんから
3人のお子さんを育てる30代のパパ、
孫と共に暮らす40代の主婦の方など
温かい読者さんにも恵まれて、嬉しい限りです。

それからTwitterやメルマガで「ぜひ会いたいです」と言ってくださったり。


で、今やセミナーや懇親会を開いたり。
格上の起業家と交流させていただいたり。してます。

就活辞めて、ビジネスを始めて・・

ビジネスやマーケティングを学ぶと、
個人的に良いと思う点が3つ。

濃くて刺激的な毎日

僕が受験生時代に気づいたこと。

同じことの繰り返しをする生活は、
一瞬で老ける。ってこと。


今思い返してもほぼほぼ
勉強していた思い出しかないですもん。



脳科学的にも、同じことが続くと時間が早く感じるって言われてます。

会社入った最初の月と、今月。
今月の方が短く感じますよね。


僕は思ったんです。

父のように毎日同じ職場、同じ仕事
そして疲れてゴロゴロするという同じ週末。


これ繰り返してたらあっという間に
人生終わるんじゃねえの?
と。


逆に、僕は海外を一人旅してた時は
刺激的すぎて、
1ヶ月が3ヶ月くらいに感じました。ガチで。


早い話、初めての体験ばかりの毎日で
脳が若返りましたよ。



起業してマーケティングがわかると、
色々な方とビジネスができます。


好きな飲食店をコンサルしたり、
芸能人をプロデュースしたり、
旅行先でホテルをコンサルしたり。


自分の好きな人たちを助けられる。
たくさんの人とつながりが持てる。


これ超非日常だなーと思って。


あとは単純に働く必要が無くなると、

好きなときに海外旅行も行けるし
好きなときに美味しいレストランも探せるし
好きなときに友達と遊べたりします。



僕は体感で長生きしたいので、
そんな毎日にしたいですね。

部屋でゴロゴロする2日より、
知らない場所にデートしに行く1日。



非日常な思い出をたくさん作る。

そのために起業は良いなぁと。

世間の言うなりはもううんざり。自分の人生

勉強したのも
極論、そう指示されたからであって。


世間の価値観に流されたからでした。


いつでも自分は周りの目から見えたら
どうなるのかな?
って言うちまちましたことを考えながら生きてきた。



進学校に行った時も、
本当は勉強したくないけど
「当然〇〇高校に行くんだよね?」

って言う周りの期待があったから。



ダッセーです、本当に。
周りの目を気にする自分が。


ビジネスに出会って、師匠に出会って、
自分がやりたいことは、こっちだなと直感でわかりました。


あ、やっぱ起業だな、と。

ここでチキって、また世間の言うなりになって
就職するのはちゃう。



就職したら上司や会社に一生飼い慣らされる。
世間の一般常識とやらにまた飼い慣らされる。



でも自分でビジネスをやれば?
自分が好きなことをして、
好きな人を助ける仕事ができれば?


不労所得の生活になれば?


もう世間の言うなりになることはないです。自分が本当に好きなことをやれる、なんでも挑戦できる。


もっといえば、マーケティングができれば
自分の趣味を仕事にできちゃいます。

釣りが好きなら釣り人として生きる。
テニスが好きならテニスコーチとして生きる。


ビジネスがわかっているとこう言うことができちゃう。


自分の「好き」を追求する人が増えたら、
絶対世の中面白くなる!!


学力一辺倒で判断された高校生の僕らに言ってやりたいです。
バンド活動をしていた友人に教えてあげたい。


自分のやりたいことをやるっていいぜ、と。
熱いですね。


就活しないって言う選択肢は
ぶっちゃけ超怖かったです。

初めて、世間のレールから外れる体験。

でも。
僕は「自分自身の」人生を歩むことを決めました。


今はめちゃくちゃ楽しんでます。

肩書きじゃなくて名前を誇りたい

大企業に勤めていた人とお話ししたことがあるけど、
〇〇のAさん、〇〇会社のAさんと呼ばれる。


それって肩書きに箔があるだけじゃん?
って話になりました。

僕も同じ。東大の、ブーバ。


今は目立つためにあえてそう名乗ってますが、
東大東大主張するのって
本当は違うかなと思ってます。


生身の自分で、すごいと言われる人になりたい。



ビジネスを始めて、
マーケティングで色々な人を助けられるようになって、
それこそ芸能人やバンドを成功させたれたり
経営者として企画を回せる人間になれば、


生身の自分を誇れると思ったんです。

肩書きとかじゃなくて、名前に箔が付く。


堀江貴文さんだって東大出身だけど、
”堀江貴文”と言う名前に価値があるじゃないですか。


元東大生は一つのネタに過ぎないですよね。


シンプルに、そうなりたいと思いました。

ブーバにとって「東大」は一つのネタでしかないんじゃ。

無気力の時代とか、知らん

「定時で帰りたい」
「昇進しなくていい」


そんな言葉が合言葉になる
現代は無気力の時代と言われてます。



・・・本当に?

僕は「知らないだけ」だと思ってます。


・起業は簡単にできる
・仕組みがあれば寝ていても収入が振り込まれる
・個人でビジネス頑張ってスキルをつけて、いつかはアイドルのプロデュースだってできる。



こうした、少し前まで知らなかったことを知って、僕は無気力とはおさらばしました。

夢とか希望が湧いてきました。


自分の人生を生きれるやん!!
そう思いました。


そして、自分の人生を生きる人がもっと世の中に増えてほしい!

そうすれば、単純に僕の人生が面白いからです。
好きを追い求めて、
ネタの多い人と絡むのは楽しいです。


そのためには個人で稼ぐと言う生き方が必要。
そんな思いでビジネスやってます。



だからこれを読んでくださっている皆さんに宣言。

僕の背中を見ていてください。


もし「こいつ頑張ってるな」と思ったら、
付いてきてください。


僕は目的を達成するまで、絶対に折れません。



それでは。


p.s.

ビジネス始めてから
フォロワー20万人や
年収億越えだらけの世界を
見るまでのストーリーは
東大レポートにまとめています。

ーーーーーーーーーーーー
最新note、大好評です↓

クリックできます↑






今だけLINE登録者さんにプレゼントしてます。



こちら僕のプロフィール。
現役東大合格するまでと、師匠との出会いと、脱就活。










師匠の裏話などブログでできないお話はメルマガで↓
全て無料です。読者さんがたくさん!^ ^

期間限定でプレゼント中↑
僕が20万円の教材を元に作り上げて、
師匠にもお墨付きを頂いたpdf20枚のレポートです。

一読くださると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました