怠惰な僕が、意識しただけで行動力が爆上がりしたたった四文字の言葉

行動力

どうもこんにちは、ブーバです。
不思議なタイトルですみません。

えーと、もう答え言いますw


ハードル、です。



世の中には様々なハードルがあります。
物理的じゃないやつ。


僕はもともと何をするにもスピードが遅くて、
それどころかそもそも行動できないことも多かったです。
迷いまくってて何もしないまま時間切れ、みたいな。

ビジネス向いてないパターンですよね笑


そんな僕が、ハードルというものを意識したら
めっちゃ行動できるようになったよという話をします。

行動力足りてないなーという方はぜひお付き合いください。

典型的怠惰マン笑

僕はもともと考えすぎて行動できない
典型的な人でした。

先ほど述べたとおりです。
優柔普段とも言えるし、完璧主義とも言えます。

何をするにも完璧主義はまじであかんです。
日本人はほぼみんなこれで、行動遅いんですよね・・・。

上位1割の成功者は例外なく
完璧主義から抜け出せた人だと思ってます。本当に。
行動主義になりたいもんだー。

それは別の記事に書くとして。

僕は完璧主義もありましたが、
あとは単純に怠惰でしたw



例えばプログラミングを勉強しようと決めた時も、

・独学で勉強するかスクールに通うのはどちらがいいのかな
・独学ならどのサービス使って学ぼうかな
・どれが一番自分に合ってるand安いかな

と考えているうちに3週間くらい経ってたりしました笑
もったいねーー。

さらに、よし、これで学ぼう!とようやく決めた後に、
「決まったからとりあえず休憩〜」と言って休んだり笑。
しかも半日とかのレベルで長くです。



いやさっさと勉強しろやって話ですよ笑

まさに完璧主義で失敗してるパターン。



他にも大学のレポートなどやる時も、
最初に書き始めるまでが死ぬほど遅いし、
考え抜いて大体の構成を決めると
すぐに漫画やyoutubeに走っちゃうんですよ。



んで、案の定「沼」にハマるわけですw
youtubeの「あなたへのおすすめ」を何度恨んだことかw



ようやく書き始めたと思っても、
1段落書くごとにyoutube見ちゃうので進まない進まない笑


いやー恐ろしく遅かったですね。
スピードないとビジネスの世界では戦えないので、
致命的です。



と、こんな感じで何をするにしても
なかなか行動に移せなかった僕ですが、
ふと、こんな言葉が耳に入ります。

「人は、ハードルが低い方に流れる」

ハードルって何?

例えばスマホでyoutubeを見るのはハードルが低いです。
それに対して、本を丸々一冊読むのはハードル高め。


要するにその行動をするときの
心理的な壁って感じですね。


僕は
「人は、ハードルが低い方に流れる」

この言葉を聞いて、
あっこの考え応用すればいんじゃね?
と思いました。



つまり自分のやるべきこと、
やらなきゃいけなことのハードルを下げて
他の娯楽とかのハードルを上げれば、
自分は行動する方に流れるんじゃね?と。

大学のレポートを書くなら


僕がやったことは簡単です。
わかりやすいので大学のレポートの例を出すと。


まず最初にレポート1本を仕上げることに
ハードルを感じて
そもそも書き始められないので、
ここのハードルを鬼下げます。

具体的には、箇条書きにしました。
レポートで書きたいこと、
書くべきことを順番とかどうでもいいから箇条書き。


量なんか決まってません。
1行でも書けばいいので、
とりあえず思いつくだけ箇条書きしようかなーと。


ここで大事なのが、
箇条書きしたあとはyoutube見ておっけー!
って決めとくことです。

ご褒美があるのでこれだけで
箇条書きはクリアできます。
はじめに書き出すまで1時間とか掛けてたのに、
5秒くらいで書き出すことができますw


で、箇条書きが終わったあとは
調子に乗ってそれを並べ替えて構成を決めてもいいし、
自分との前約束通りyoutubeを見てもいいわけです
(ただし時間は決めておく)。



この調子で構成が決まると、
いよいよ清書の段階に入りますが、
ここでも「1段落書けばいいや」とハードルを下げます。
(実際は調子に乗って
3段落くらいやっちゃえることがほとんどです)


ただ、清書は思いの外面倒なので
1段落すら集中が続かないこともよくあります笑

なので、今度はyoutubeを見るハードルを上げるわけです。

これはスマホの電源落とすだけでおけです。


これだけでyoutubeを見るまでのハードルが
結構高くなって、ふとした瞬間に見なくなるので。


そういえば受験生の時とか、
スマホの電源落とすのは結構効果的だったなー。
僕は塾講師をやってたこともありますが、
今の子たちが頑張る時は
スマホの電源を落とす子が多いですね。

ふとした時間に見ちゃう人にはかなりいい。


あと僕は、読みたい漫画の続きの巻だけ
手の届かない場所に投げ入れるとかやりました笑
取るのがめんどいので普通に読む気が無くなりますw


こうやって他の誘惑のハードルを上げつつ、
レポート1段落でいいから書こうぜ、
とハードルを下げたわけです。


自由自在です。
そして、案の定僕はハードルの低い方に流れました。

図書館に行こう


これを応用すると、
図書館やカフェで勉強が捗る理由がわかります。


人の目があるのでだらけるハードルが上がるんです。
寝っ転がりたくても無理です。だらけられません。



例えば図書館で堂々とYouTube見るのって
なんかためらわれますよね。
自分の趣味とかあんま知られたくねーし。
ハードル爆上がりな訳です。




ちなみにこのブログは近所のマックで書いてます。
ブログ書く以外の行動をする
ハードルを上げているわけですね。

これをビジネスに応用すると


「人は、ハードルが低い方に流れる」
理解していただけたでしょうかね。


今の人って年賀状送らないでLINEで済ませるけど、
これとかまさにって感じですよね。
ハードル低い方に流れてんなー。


で、これも自分のビジネスに
応用しなければなりません。


ライバルよりハードルが低ければ
お客さんは流れてくるし、
逆にライバルのところに行かせることの
ハードルを高くすれば
自分のところに留まってくれるかも、とか。


ぜひ自分のビジネスで考えてみてください。



例えば僕の場合、
このブログはあえて難しく考えないで
思ったことそのまま書いてるんですよね。



そのほうが読みやすいかなーと。
難しくも書けるんですよ?
それこそ大学のレポートみたいに笑


でも、読んでくれる方にとって
ハードルが低い方がいいかなーと思うので
こんなテイストになってます。


他にも僕は皆さんにネットビジネスを初めて欲しいので、
そのハードルを下げてあげなきゃな、とかですね。


というかネットビジネスに関しては
ハードル高く感じてる人多いです。

僕もその1人でした。


でも実際は、やり方学んで、やるだけでしたね。
変な難しさとかリスクとか無いので
迷っているくらいだったら
さっさと始めた方が良かった・・・

やればわかるけど、やらないうちは
どれだけ経ってもわからないままでしたもん笑


今なんて中学生でも高校生でも
ネットでびっくりするくらい稼いでる人いますからね。
(↑こういうのも、ネットビジネスを始める
ハードルを下げてるわけです。事実ですけど)

まあそれはいいとして。




あとは恋愛にも応用しましたよ(小声)。

彼女が僕に甘えるのが恥ずかしくて
できないようだったので、
そんなの普通だよとか、むしろこっちから甘えるとかして、
「僕に甘える」ハードルを下げてあげました。


結果、懐かれました笑



正直書くかどうかめちゃ迷いました恥ずかしいw

まあわかりやすいかなと思って。


まとめ


とにかく、
自分のやらなきゃいけないことのハードルを下げて、
他のハードルを上げるってのは鉄板です。


モチベが上がらなくて勉強してない受験生には、
「10分でいいから勉強しろ」って言いますね。
10分ならやるでしょ、という。


というか、最初から10時間勉強しよう、
とか思っちゃうのも完璧主義なんだよなー。。
本当にあかんぜ。
それで10時間できなくて萎えて
結局1分もできないとかあるし。

無意識になっちゃってる完璧主義をやめて、
行動主義になるだけで成功近いですよ。
僕も今訓練中です笑


あと、受験生の誘惑のハードル上げるなら
インスタ消せ!とかも確実に効きますね。
1から再開するのはハードル爆上がりですから。
これはちょい厳しいですけど笑



まあそんな感じでハードル上げ下げすれば
自ずと行動力つくんじゃないかなーと思います。
てか、僕はつきました。


皆さんもぜひ。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。


関連記事です。
僕はまだ完璧主義の途中にいる。
これじゃ成功できない。そんな思いを書きました。
行動力が爆上がりする記事はこちら
9割以上の日本人が無意識に陥る「成功できない罠」。これにはまっているとアウトです。

ーーーーーーーーーーーー
最新note、大好評です↓

クリックできます↑






今だけLINE登録者さんにプレゼントしてます。



こちら僕のプロフィール。
現役東大合格するまでと、師匠との出会いと、脱就活。










師匠の裏話などブログでできないお話はメルマガで↓
全て無料です。読者さんがたくさん!^ ^

期間限定でプレゼント中↑
僕が20万円の教材を元に作り上げて、
師匠にもお墨付きを頂いたpdf20枚のレポートです。

一読くださると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました